デザイン実績 No.00717

デザイン実績 No.00717のロゴマークは、販売済のロゴデザイン実績紹介です。
デザイン実績 No.00717
  • ※デザイン実績 No.00717のロゴデザインは、売り切れのロゴデザインです。販売実績としてご紹介しておりますのでご購入いただけません。

販売デザインに対する一般ユーザーのご感想

このロゴマークを見た時、動物病院を連想する事ができました。動物病院と思うのは、犬と猫が書かれているからです。しかも犬と猫ということがはっきりとわかるので、わかりやすい表示であると思います。また、寄り添っているところから、この動物たちを愛おしいと感じることができるのです。そのため、ここを受診してはやく助けてあげたいという気持ちを持つことができます。

そしてこの犬と猫の口の表情にも注目しています。動物は話すことができません。ですから、その動物を飼っている飼い主がその動物の状態をしっかりと見てあげることが必要なのです。そのことを、口がへの字になっていることから、話すことができない動物をいたわりたいという気持ちも湧いてきます。
動物好きの人は、このロゴマークを見ると、自分が飼っている動物のことを思い出すと思います。そして、もしも病気になった時は、このロゴマークを思い出して、あそこに受診しようという気持ちを持つことが出来ると思っています。それだけ、このロゴマークの表情が、動物を愛おしく感じることができて、その気持ちを印象として強く記憶の中に残すことができるからです。

そして色が白で描かれていて、赤い首輪がアクセントになっているところも、覚えやすい印象を持つことができます。人間が守って上げなければ弱い動物であるということを、ロゴマークで表現しているところは、これを見て可愛いと思うことと、はやく助けてあげたいと思う気持ちを両方を持つことが出来ると感じることができ、良いロゴマークであると思います。