デザイン実績 No.00575

デザイン実績 No.00575のロゴマークは、販売済のロゴデザイン実績紹介です。
デザイン実績 No.00575
  • ※デザイン実績 No.00575のロゴデザインは、売り切れのロゴデザインです。販売実績としてご紹介しておりますのでご購入いただけません。

販売デザインに対する一般ユーザーのご感想

このロゴマークは淡いトーンのカラーと曲線を使ったモチーフなので、男性的な印象よりも女性的な感じがします。蓮の葉や花には、中国、香港、台湾などのアジアや、シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ、スリランカ、インドなどの東南アジアのエキゾチックな印象があります。また、私たち日本人にも共通するところですが、欧米などの西洋にはない、東洋的な優しさ、柔らかさ、繊細さが感じられます。さらに、花や白檀などのお香をミックスしたような香りが、わずかにどこからかふわりと漂って来るような気もします。

蓮の花は、さまざまな国で非常に神聖な花とされています。仏教の世界では、釈迦の台座であり、生まれたばかりの釈迦の歩いた足跡に咲いたと言われ、思想や文化に深い結びつきがあります。また、インドのヒンズー教では、蓮の花が極楽浄土の形をしているとされ、古代エジプトでは、王に捧げられた花として、蓮の花のモチーフが王の墓の出土品から発見されています。ベトナムとスリランカの国花でもあり、その花言葉には、「清らかな心」「神聖」「休養」「雄弁」「沈着」「救済」などがあります。

このような蓮の花をモチーフとしたロゴには、アジアや東南アジアの小物、グッズ、インテリア、家具、コスメなどを扱うショップ、もしくは東洋的な施術のエステサロン、マッサージや整体などのサービス、またはアジアン料理やエスニック料理のレストランなどが適しているのではないでしょうか。