デザイン実績 No.00099

デザイン実績 No.00099のロゴマークは、販売済のロゴデザイン実績紹介です。
デザイン実績 No.00099
  • ※デザイン実績 No.00099のロゴデザインは、売り切れのロゴデザインです。販売実績としてご紹介しておりますのでご購入いただけません。

販売デザインに対する一般ユーザーのご感想

このロゴは十字架と犬小屋と犬というモチーフから動物病院を連想させます。
動物病院のロゴとして、動物のケア関連に活用できる要素があります。
可愛らしいイラストですので、ロゴを見た小さな子供から老人まで安心感を与える事ができます。
ゆるい、癒し系のイラストですので動物雑誌のロゴとしても多用する事ができそうです。
十字架のためにケア、病気、といった面を強調する事ができます。

犬のイラストですが、犬はペットの代表的動物でもある事からして、何も犬に関わらずにペット全般を扱っていると想像ができ、犬だけでなく猫や鳥も扱っている病院でも利用ができます。
ペットが小屋、もしくは病院、もしくは家に守られているような構図となっているので、ペットを大切にする気持ちがより伝えられます。
ペットの表情も安心感溢れており、ペットの幸せのため、ペットの安心のため、ペットの健康のため、といった愛情をサービスにより提供する事ができそうな印象があります。

黄色の色も安心感、幸せの象徴であり、見る人をほっとさせます。
ペットを健康にしてあげてこれからも沢山一緒に過ごすんだ、との飼い主の気持ちを引き出す事ができます。
ペットを飼っている人ならばこのイラストに目を向けるでしょう。
あ、犬、と思った次に屋根の十字架に目が行き、ペットのケア、病気関連のサービスなのだと理解ができます。
少し悲しい印象となりますが、十字架をお葬式とすればペットの火葬場のロゴとしても利用ができます。